• ホーム
  • 喉の嚥下障害を引き起こすパーキンソン病の発症原因

喉の嚥下障害を引き起こすパーキンソン病の発症原因

ヘルペスは、細胞に核を持つ真核生物に存在する約100種のうちの角膜や唇などに発症する性病で、8種類のウイルスに分けることができます。

  • 単純ウイルス1型
  • 単純ウイルス2型
  • 水痘ウイルス
  • 帯状疱疹ウイルス
  • EBウイルス
  • サイトメガロウイルス
  • ヒトヘルペスウイルス6
  • ヒトヘルペスウイルス7

これらによって発症する感染症であり、このウイルスは何十年も体内に潜伏し加齢やストレス、過労などがきっかけで再活性化する特徴があります。
治療には、アシクロビルやバラシクロビル、ペンシクロビル、ファムシクロビルなどの抗ウィルス薬が処方されています。

パーキンソン病は、中脳の神経核の黒質にあるドーパミン変性物である神経細胞内封入体のレヴィ小体に潜伏するヘルペスウイルスが発症原因の一つと考えられています。
大脳基底核を構成する緻密部と網様部からなる黒質のドーパミンが作られなくなる為に発症する難病です。
パーキンソン病は、潜伏しているヘルペスウイルスとの免疫反応による機能阻害やヘルペスウイルスの増殖による黒質の神経細胞の増殖阻害などによりドーパミン生成が量が減少します。

治療には、ドーパミン補充薬であるレボドパやドーパミン脱炭素酵素阻害薬であるカルビドパロピニロールなどが投与されています。
パーキンソン病には、動きが緩慢になる無動、喉の筋肉が強張り嚥下障害などを引き起こす筋強剛、貧乏揺すりの様に震える振戦、姿勢のバランスが取れない姿勢反射の4つの主症状が見られます。
中期症状としては脳の摂食中枢と嚥下中枢の機能障害により嘔吐物を喉に詰まらせる嚥下障害が見られ、末期症状としては喉の筋肉が完全に固縮し口に唾液が溜まり易くなり、寝たきりや認知症の症状が顕著になります。