• ホーム
  • ヘルペスの予防法とその内容について

ヘルペスの予防法とその内容について

ヘルペスというのは、感染症の一種であり、ヘルペスウイルスとよばれる病原性微生物に他人から感染することによって起きるものです。
症状としては、感染した部分に小さい無数の水ぶくれができて、しばしば痛みやかゆみがあるというのが内容となっています。
このウイルスは、かなりありふれた存在であって、日本人の7割から8割程度が感染しているおそれのあるものですが、かならずしも症状を発症するとは限らず、単に感染しているだけという場合もあります。

こうしたことから、予防法といっても難しいところはあります。
たとえば家族にすでにヘルペスにかかっている人がいる場合には、患部に直接さわったり、または患者自身が患部にさわったあとの手に触れたりしないといったことになるでしょう。
特に、患部の水ぶくれのなかにはウイルスが多く存在していますので、予防法として、水ぶくれに触れないというのは効果のあることといえます。
この病気には、ウイルスがもっている型の違いによって、上半身にできる口唇ヘルペス、下半身にできる性器ヘルペスのような区別があります。
当然のこととして、性器ヘルペスのほうは性行為などによって感染しやすいものなのですが、最近ではオーラルの性行為によって、本来であれば下半身に感染するはずのものが、なぜか喉の奥などに感染してしまうことがあります。

こうしたことから、女性の場合にはむやみにオーラルの性行為はしないといったことも、予防法の内容のひとつとして挙げることができるでしょう。
ただし、もしも症状が出てきてしまった場合には、病院に行って診察を受けて、ウイルスのDNAの合成を阻害するような内容をもつ抗ヘルペスウイルス薬を服用するのがよいといえます。